CMS lab  学生の皆さんへ
Home
Research
Member
Schedule
Publications
Access
Link
学生の皆さんへ
           ここでは、小林研に興味のある学生さん向けに研究室の内容を紹介します。  
主な年間行事についてはスケジュールをご覧ください。

量子力学、固体物理学を基礎としてナノ構造の電子物性の理論研究を行っています。固体の物性は主に電子の状態によって決まります。その電子状態を量子力学の法則に基づいて計算機シミュレーションを行うことにより、ナノ構造の物性研究を行っています。特に、ナノスケール系における伝導現象の研究を進めています。

 
 




 このナノスケール系の伝導現象は、ミクロな系で顕著に現れる量子効果に特徴付けられ、基礎物理として学術的に興味深いとともに、ナノエレクトロニクスに代表されるように将来のエレクトロニクス応用のために解明するべき重要な課題でもあります。また、それを解析するための電子状態計算理論、シミュレーションのための計算理論の発展も必要で、当研究室ではその伝導現象の理論研究を、基礎物理、計算科学、ナノテクノロジーの観点から精力的に行っています。 



原子細線、単一分子、カーボンナノチューブ、ナノシリコン、ナノ磁性体等のナノスケール系の電気伝導特性、スピン伝導特性の解析、理論予測、それらを応用したナノスケール配線、ナノスケール素子、単一分子素子、ナノスケールトランジスタの研究を行うとともに、そのための理論的方法論として非平衡系の密度汎関数理論、量子輸送特性のための第一原理電気伝導計算法、計算時間が原子数の比例で抑えられるオーダーN計算法等の研究を進めています。また、ナノスケール系の伝導現象に関係するナノ計測に関する理論、走査トンネル顕微鏡の理論やナノスケールからの電界放射の理論の研究も行ってきました。計算機シミュレーションは、研究室のPCを用いるシミュレーションから、全国共同利用施設のスーパーコンピュータを用いるものまであります。

 
 

OBの主な就職先
   東北電力、フジクラ、トヨタ自動車、日立製作所、豊田自動織機、PFU、
   菱洋エレクトロ、コーデンシ、日本郵政、みずほ情報総研
member's     only   筑波大学 数理物質科学研究科 電子・物理工学専攻 小林研究室
〒305-8573 つくば市天王台1−1−1
TEL: 029-853-5123
FAX: 029-853-5205