facebook 筑波大学 巨瀬・寺田研究室        

骨微細構造             

骨微細構造計測用MRI 近年、特に注目されている骨粗鬆症ですが、その診断の方法として、また骨粗鬆症と診断後に投薬される薬の効果を判定するために、海綿骨の微細構造計測が重要であることが知られているが、これまでこのような計測は、全身用高磁場MRIと特殊なRFコイルを用いて行われてきたため、診断装置としての普及には問題があった。
そこで、小型高磁場永久磁石(1.0T)と小型MRIコンソールを用いて,手指海綿骨を対象とした,骨微細構造計測用コンパクトMRIを開発した.また,本手法に おいて,骨と骨髄の体積比を正確に求めるヒストグラム分離法を開発し,50名程度の健常被験者の計測を行い,本手法の有用性を確認した.また,長崎大学医 学部歯学部付属病院にて,臨床試験を行い,骨粗鬆症の診断に有用であると示唆される結果を得た.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top of the page