原著論文・著書・解説・国際学会・国内学会

研究業績(2010年〜)記事一覧

引用数は2017年3月現在39. Development of a method for the Bloch image simulation of biological tissuesRyoichi Kose, Katsumi Kose, Yasuhiko Terada, Daiki Tamada, Utaroh MotosugiMagn Reson Imag, Volume74, 250-25...

9. MR fingerprinting(1)基礎寺田康彦MRI応用自在(第4販) メジカルビュー社、219-220, 2021年3月1日8. 「T1 mapping」寺田康彦MRI応用自在(第4販) メジカルビュー社、226-228, 2021年3月1日7 .「最新技術の研究開発・臨床応用から展望するMRIの未来」寺田康彦月刊インナービジョン2019年9月号 34巻9号,2-4 (2019)6....

210. Yasuhiko TeradaLow-Field Versus High-Field Hardware: Magnets, Coils & Spectrometers.15-20 May 2021, ISMRM & SMRT Annual Meeting & Exhibition. (E5948)Proc. Intl. Soc. Mag. Reson. Med. 29 (2021)Edu...

539 .宮坂知樹,川直也,石川雅也,寺田康彦花芽凍結観察用温度可変MRマイクロイメージングシステムの開発令和3年5月29日〜5月30日,第66 回低温生物工学会大会,東京(オンライン),(B10)P27538. 寺田康彦深層学習を用いた頭部MRI検査の高速化の試み令和3年1月12日 JSMRMスタディG「生成型学習等を活用した定量的MRイメージング」ニューイヤーセミナー(1),広島(オンライン...

トップへ戻る