原著論文・著書・解説・国際学会・国内学会

研究業績(2010年〜)記事一覧

引用数は2017年3月現在40. Bloch Simulation of a Three-point Dixon Experiment Using a Four-dimensional Numerical PhantomRyoichi Kose, Katsumi Kose, and Yasuhiko Terada.Magn Reson Med Sci, Published Online: July...

9. MR fingerprinting(1)基礎寺田康彦MRI応用自在(第4販) メジカルビュー社、219-220, 2021年3月1日8. 「T1 mapping」寺田康彦MRI応用自在(第4販) メジカルビュー社、226-228, 2021年3月1日7 .「最新技術の研究開発・臨床応用から展望するMRIの未来」寺田康彦月刊インナービジョン2019年9月号 34巻9号,2-4 (2019)6....

210. Yasuhiko TeradaLow-Field Versus High-Field Hardware: Magnets, Coils & Spectrometers.15-20 May 2021, ISMRM & SMRT Annual Meeting & Exhibition. (E5948)Proc. Intl. Soc. Mag. Reson. Med. 29 (2021)Edu...

545. 牧原和幸,寺田康彦9.4T 縦型超電導磁石を用いたヒト胚子化学固定標本の高分解能イメージング令和3年8月18日 第25回NMRマイクロイメージング研究会(オンライン開催),つくば:産総研,(O6)P29-32544. 國枝和輝,村上雄斗,寺田康彦MR マイクロスコピー用 double helix dipole 型 RF コイルの開発令和3年8月18日 第25回NMRマイクロイメージング研...

トップへ戻る