PhD topics

博士後期課程の学生を歓迎します。数理物質科学研究群には、博士後期課程の学生が研究に専念できるよう、リサーチ・アシスタント(RA)として研究の補助業務を博士後期課程の学生に委嘱し、授業料の100%相当額をRA謝金として支給する制度があります。 また、生活費と研究費が支給される「日本学術振興会特別研究員制度」(本研究室から過去12名採択)や「大学フェローシップ創設事業」、さらに、「JST次世代研究者挑戦的研究プログラム」もありますので、研究に興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。入学試験は、電子・物理工学サブプログラムでは8月と2月に、国際マテリアルズイノベーションプログラムでは、7月と10月に行われます。

We regularly open PhD positions with grants based on our own funding and others. Entrance examination will be in July and October for Doctral Program in Materials Innovation, and August and February for Doctoral Program in Applied Physics. Now we are seeking candidates who have interest in research topics below. Please send an email at least thee months ahead of the entrance examinations.
See details for admissions (大学院入試についての詳細はこちら).

  1. BaSi2-based energy materials for thin-film solar cells and thermoelectric devices (Review 1) (Review 2)

  2. Ultrafast current-induced domain wall motion in ferrimagnets, 900 m/s in Mn4N, and 3,000 m/s in compensated Mn4N (Review) (Youtube).

  3. Novel approaches to polycrystalline thin films for flexible electronics



Financial support for PhD students

  1. 日本学術振興会特別研究員制度, Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)

  2. 大学フェローシップ創設事業, University Fellowship Project

  3. JST次世代研究者挑戦的研究プログラム(Support for Pioneering Research Initiated by the Next Generation)

  4. Graduate School of Pure and Applied Sciences, University of Tsukuba (Japanese) (English)

↑